生命保険事業部

事業部からのメッセージ

生命保険事業部スタッフ紹介

専門スタッフが、複数の保険会社から現在の医療事情や経済情勢にあったプランと、お客様の希望やライフスタイルにマッチした最適な保障をご提案します。

お気軽にご相談ください。

ライフステージにあわせて必要な保障のイメージ

保険の種類

種類 概要
生命保険 死亡に対する保障です。残される家族の生活費であったり、お葬式代、死後の整理資金、残される家族の学費や生活資金、住宅ローン資金、相続資金と様々な条件で必要となる保障です。

また、貯蓄性の高いものから、解約してもお金は戻らないが、少ない保険料で大きな保障のものなどさまざまです。大きく分けて3種類の生命保険があります。
→ 生命保険の3種類についてはこちら。

介護保険 ご自身の介護に備える保障です。介護になってしまった時の初期費用や継続的にかかる介護費用のための保障です。

初期費用ではご自宅で介護を受けることとなった時のバリアフリーなどのリフォーム費用、また介護施設に入ることとなった時には入居時にかかる一時金などがご準備できます。継続的にかかる費用では、いつまで続くかわからない介護に備え、介護が続く限り毎年年金で受け取ることによりご準備する事ができます。

医療保険 病気やけが時の入院や手術、通院などに備える保障です。1日入院当たりの保障金額や、手術の保障など必要とされる保障金額は、お勤めの方と個人事業主の方でも違いますし、入院時大部屋か個室でも違います。

その方の生活環境であったり、保障を手厚くするか、最低限にするかなどのお気持ちによるところでも変わってきます。まずはどのような時に保障されるものを望むか想像してみてください。

がん保険 その名の通りがんに対する保障です。がんも病気であるのに医療保険とわざわざ別にあるのは、それだけ特殊な上に必要とされる保障のためです。がんには完治(完全に治る事)がありません、良くなった方も寛解(かんかいと言われ治ったような状態)と言う状態で、いつ再発するかと言う不安な状態となります。

がんの保障は、そんな時でも医療保険とは違い、入院の給付が無制限で出たり(医療保険には制限があります)、通院での抗がん剤や放射線治療等に備えるため、通院の給付も金額が多く設定してあったりとしています。

個人年金保険 ご自身の老後の為の貯蓄と、年金支払い前まではそれまでに積み立てられた分の死亡保障です。

ご自身が将来受け取る年金は、この先増えていくことは考えにくくなってきます。これからはご自身の老後を快適に過ごすために自助努力が必要となってきます。個人年金はそのような時の貯蓄となります。貯蓄が苦手な方も毎月自動的に引き落とされる仕組みを利用して上手にお金を貯めていきましょう。

学資保険 お子様の学費の為の貯蓄と、保険料支払者の万一時でも学費を残す保障です。メーカーにより給付時期が違ったりします、お子様が何人もいる方は、初めの子がお金のかかる時期に入っても、下の子の学資保険の支払いが重なると、負担が重くなる場合もあるので、いつまでの支払いにするのか?どのタイミングでお金が戻ってくるのかなどを考慮して決めましょう。

生命保険の基本形

定期保険


保障を一定期間の内の死亡・高度障害にしぼり、基本的に掛け捨ての為、そのぶん保険料が割安な保険です。保険期間の自動更新や、他の種類の保険への変換も可能です。

養老保険


保障と貯蓄の両方を兼備えた保険。保険期間は一定で、保険期間中に死亡された場合には死亡保険金が支払われ、満期時には死亡保険金と同額の満期保険金が支払われます。保険期間の途中でも解約返戻金を有効利用していただけます。

終身保険


保険期間が一生続きます。何歳であっても死亡された場合には、保険金が支払われます。長期間継続すると解約返戻金を老後資金などに利用していただくこともできます。

 

取扱い生命保険会社

ファミリーライフクラモチの取扱い生命保険会社

アメリカンファミリー生命保険会社 ソニー生命保険株式会社 メットライフ生命保険株式会社 東京海上日動あんしん生命 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

 



資産運用に役立つコラムをまとめた小冊子のご請求はこちら!

Copyright © 2017 FamiryLife Kuramochi Co.,Ltd. All Rights Reserved.