カテゴリー「メディア掲載」の記事

シニアふるさと通信9-10月号に弊社大森の記事が掲載されました!

2017-08-29

暮らしとお金のいろは(第30回)
茨城県の土浦・つくば・牛久エリアで配布されている、
シニア向け情報紙「シニアふるさと通信」9-10月号に、
当社FP有資格者・大森の記事が掲載されました。

今回のテーマは、
今年の1月1日より始まった、
「セルフメディケーション税制」。

健康の維持増進や疾病予防への
取り組みとしてスタートした
医療費控除の特例です。

対象となる医薬品や対象者、対象期間、
確定申告時の注意事項などについて
図解や事例を交えて解説しています。

ぜひ今回の記事をご参考いただき、
従来の医療費控除と
セルフメディケーション税制、
あなたやあなたのご家族の場合、
どちらの減税効果が大きいのかを
チェックしてみてはいかがでしょうか?

詳細は上記の画像、
または以下のリンクをクリックしてご覧ください。

▼大きな画像(PDFファイル)はこちらをクリックするとご覧いただけます。
暮らしとお金のいろは(第31回)

シニアふるさと通信7-8月号に弊社大森の記事が掲載されました!

2017-06-29

暮らしとお金のいろは(第30回)
茨城県の土浦・つくば・牛久エリアで配布されている、
シニア向け情報紙「シニアふるさと通信」7-8月号に、
当社FP有資格者・大森の記事が掲載されました。

今回のテーマは
「快適なセカンドライフのためのお金の管理」。

定年退職後の新たな人生のスタートは、
家計簿の付け方を見直すチャンスでもあります。

最大のポイントは、出金管理をシンプルにし、
固定費(住宅・光熱費等)と
変動費(医療費等)に分けて管理すること。

また、短期・中期・長期と用途に応じて
銀行口座等を分けることで
急な出費にも対応しやすくなります。

快適なセカンドライフを過ごすために、
資金的に明確化できるものを
把握しておくことをおすすめします。

詳細は上記の画像、
または以下のリンクをクリックしてご覧ください。

▼大きな画像(PDFファイル)はこちらをクリックするとご覧いただけます。
暮らしとお金のいろは(第30回)

シニアふるさと通信5-6月号に弊社大森の記事が掲載されました!

2017-05-01

暮らしとお金のいろは(第29回)
茨城県の土浦・つくば・牛久エリアで配布されている、
シニア向け情報紙「シニアふるさと通信」5-6月号に、
当社FP有資格者・大森の記事が掲載されました。

今回のテーマは「老齢年金の加入期間」。

平成29年8月より、
老齢年金を受け取るために必要な加入期間が
25年から10年に引き下げられます。

それに伴い、現在60歳以上で無年金者の方も、
厚生年金や国民年金の加入期間が10年ある場合、
施行日以降に年金が支給されます。

お心当たりのある方はぜひ一度、
最寄りの年金事務所や専門家などに
ご相談いただくことをお勧めいたします。

また、年金受給額を試算するための計算式も
掲載しておりますのでぜひ参考にしてください。

詳細は上記の画像、
または以下のリンクをクリックしてご覧ください。

▼大きな画像(PDFファイル)はこちらをクリックするとご覧いただけます。
暮らしとお金のいろは(第29回)

シニアふるさと通信3-4月号に弊社大森の記事が掲載されました!

2017-03-03

暮らしとお金のいろは(第28回)
茨城県の土浦・つくば・牛久エリアで配布されている、
シニア向け情報紙「シニアふるさと通信」3-4月号に、
当社FP有資格者・大森の記事が掲載されました。

今回のテーマは「標準利率の改定」。

2017年4月の改定では、
標準利率が1%から0.25%に引き下げられます。

標準利率が引き下げられると、
終身保険や年金保険、学資保険といった、
いわゆる貯蓄タイプの保険は
保険料が値上がりする可能性があります。

標準利率の改定に向けての注意点を
まとめましたのでぜひ参考にしてください。

詳細は上記の画像、
または以下のリンクをクリックしてご覧ください。

▼大きな画像(PDFファイル)はこちらをクリックするとご覧いただけます。
暮らしとお金のいろは(第28回)

シニアふるさと通信1-2月号に弊社大森の記事が掲載されました!

2017-01-19

暮らしとお金のいろは(第26回)
茨城県の土浦・つくば・牛久エリアで配布されている、
シニア向け情報紙「シニアふるさと通信」1-2月号に、
当社FP有資格者・大森の記事が掲載されました。

今回のテーマは、
医療費の負担を軽減する上で
ぜひとも活用したい「医療費控除」。

医療費の自己負担額が
10万円を超えている際に
一定額の所得控除が
受けられるお得な制度です。

控除の対象となる要件や
領収書を管理する上での
ポイントなどを解説していますので
ぜひ参考になさってください。

詳細は上記の画像、
または以下のリンクをクリックしてご覧ください。

▼大きな画像(PDFファイル)はこちらをクリックするとご覧いただけます。
暮らしとお金のいろは(第27回)

常陽リビング「ハウジングガイド」に掲載されました

2016-10-31

vol-27%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0_fp%e8%a8%82%e6%ad%a32

こんにちは。

すっかりお布団が気持ち良い季節になりましたね。
弊社もついに、暖房を入れました。
みなさんは暖房器具はお使いですか?

さて、常陽リビング別冊[ハウジングガイド]をご存じですか?
茨城県南エリアの「住宅+土地」情報誌です。

そこに弊社社員、野田の「ママFPの家づくり講座」
第4回、「住宅の購入後にかかるお金の話」
が掲載されました。(今回が最終回です)

住宅ローンを組むと、早く返したい!!という
気持ちになってしまいますが、
手元に資金があるからと言って、すぐに返済するのは
ちょっと待ってください。

これからのライフイベントで資金が足りるか確認
してからの方が良いケースもあります。

そんな実例なども記事に盛り込んでありますので、
ぜひご覧ください。
ご覧になりたい方はこちらから

ハウジングガイドは住宅展示場や、ショールームなどに
配布されています。

シニアふるさと通信11-12月号に弊社大森の記事が掲載されました!

2016-10-28

暮らしとお金のいろは(第26回)
茨城県の土浦・つくば・牛久エリアで配布されている、
シニア向け情報紙「シニアふるさと通信」11-12月号に、
当社FP有資格者・大森の記事が掲載されました。

今回のテーマは、この時期になると
保険会社などから送られてくる
「生命保険料控除証明書」にある
「新制度」と「旧制度」についてです。

その大きなポイントは、

  • 「介護医療保険料控除」の新設
  • 控除の合計限度額が12万円に拡大

の2つ。

そして、もっとも大切なことは、
控除額だけを意識して
保険を選ぶのではなく、
ご自身のライフスタイルに合った
保障内容で選ぶことにあります。

詳細は上記の画像、
または以下のリンクをクリックしてご覧ください。

▼大きな画像(PDFファイル)はこちらをクリックするとご覧いただけます。
暮らしとお金のいろは(第26回)

シニアふるさと通信9-10月号に弊社大森の記事が掲載されました!

2016-08-26

暮らしとお金のいろは(第25回)

茨城県の土浦・つくば・牛久エリアで配布されている、
シニア向け情報紙「シニアふるさと通信」9-10月号に、
当社FP有資格者・大森の記事が掲載されました。

今回のテーマは、
平成25年に新しい制度が導入された
「自動車保険」についてです。

新たに追加された
「事故あり」等級とはどんなものなのか?
その詳細に加えて、
車両保険の注意点をまとめました。

自動車保険の更新時期が近い方や
見直しをご検討中の方は
必見の内容となっております。

詳細は上記の画像、
または以下のリンクをクリックしてご覧ください。

▼大きな画像(PDFファイル)はこちらをクリックするとご覧いただけます。
暮らしとお金のいろは(第25回)

 

常陽リビング 「ハウジングガイド」に掲載されました

2016-07-08

常陽リビング別冊「ハウジングガイド」Vol.25

みなさまこんにちは。

暑かったり、涼しくなったり、世話しないお天気ですね。
体調はいかがですか?

さて、常陽リビング別冊[ハウジングガイド]をご存じですか?
茨城県南エリアの「住宅+土地」情報誌です。

そこに弊社社員の野田が「ママFPの家づくり講座」
第3回「自分に合った金融機関の選び方」に掲載されました。

マイホームの購入を決めた方が次に
考えなくてはならないのが
住宅ローンを組む、金融機関。

大きく分けて、
「銀行」「ネット銀行」「住宅金融支援機構」の
3つになりますが、
自分がどこの金融機関が合っているのかなどを
まとめています。

詳しくはこちら→Vol.26ハウジングガイド

よろしければぜひご覧ください。

 

シニアふるさと通信7-8月号に弊社大森の記事が掲載されました!

2016-06-27

暮らしとお金のいろは(第24回)

茨城県の土浦・つくば・牛久エリアで配布されている、
シニア向け情報紙「シニアふるさと通信」7-8月号に、
当社FP有資格者・大森の記事が掲載されました。

今回のテーマは、
近年、認知症患者の増加とともに
お問い合わせやニーズの高まっている
「個人賠償責任保険」についてです。

万一、認知症患者の方が関わる
事件や事故が発生した際、
争点となるのは「家族の監督責任」です。

具体的にどのような保険なのか?
どういった方が補償の対象となるのか?
といったポイントをまとめました。

詳細は上記の画像、
または以下のリンクをクリックしてご覧ください。

▼大きな画像(PDFファイル)はこちらをクリックするとご覧いただけます。
暮らしとお金のいろは(第24回)

 

« Older Entries


資産運用に役立つコラムをまとめた小冊子のご請求はこちら!

Copyright © 2017 FamiryLife Kuramochi Co.,Ltd. All Rights Reserved.